house for IZ

 

数年前,職場の近くに土地を購入した私たち夫婦は,近い将来そこに自分の望むスタイルの家を建てたいという夢を持っていました.

平成17年,長女が大学生となり一人暮らしを始めたことを契機に,私たち夫婦は家を建てることにしました.
そんなある日,インテリア雑誌の中に,「リフォームに至った経緯はさまざまでも,共通して言えることは,
限られた予算の中で,暮らし方やインテリアの好みを最大限に叶えることができるのがリフォームのメリットだ.」という記事を読みました.
この内容に賛同した私たちは,新築でなく,あえて両親が住む家をリフォームし,同居しようと考えたのです.
両親の家をリフォームするための絶対条件は,年を重ね頑固さが増し,新しいものを受け入れ辛くなった少し器用で少し木の知識を持つ父が納得できる業者を見つけることでした.
両親の住む家は,百年はもつと言われる土壁の塗られた純和風住宅です.果たして今時,昔ながらの
工法で建てられた家の構造を知り尽くし,私たちの希望を叶えてくれる業者があるのだろうか?
そんな不安を抱えながらインターネットによる業者探しが始まりました.

若い頃からインテリアに興味があった私も既に40台半ばを迎え,自分たちが落ち着ける独自の空間を
知っていました.そのひとつが「自然素材」をふんだんに使用することです.
 そこで,検索キーワードを「自然素材」&「リフォーム」,「日本家屋」,「香川県」にしたところ

250
件が該当しました.
これらを丹念に調べていると,なんと私たちが希望するスタイルが掲載されている
HPを見つけたのです.
それが
HAND MADE HOME (香川建設工業)です.




この業者を訪ねてみようと思った決定打は,香川さんのお父さんが建てた日本家屋を紹介している「Story大工の話」のページでした.まさに私たちがリフォームしようとしている両親の家とそっくりです.
『こんな家を建てた経験のある業者であれば,リフォームを承諾したものの,
自分の建てた家が壊されてしまう両親の寂しさを理解し,日本家屋の良さを生かしながらも私たちの希望する空間を創ってくれるのではないだろうか?』と思いアポもとらずに事務所を訪ねました.そこには布施博に似たご主人の姿がありました.突然の訪問に少々
驚かれたようですが,私たちの話に親身に耳を傾けてくれ,翌日には両親を伴い
リフォームをしていたTAさんの
和風住宅を見学させてくれました.
ご夫妻の温かい人柄に触れ,私たちは早い段階で香川さんにリフォームを依頼しようと決めました.

工事が開始してからもご夫妻の温かい人柄は変わることなく,蛇口やライト1個がなかなか決まらない私たちに
対して,嫌な顔ひとつせず,納得するまで付き合ってくれました.
また
心配で毎日現場に行く父に対しても,ご夫妻はもとより従業員の方も作業工程のひとつひとつを丁寧に
説明してくれました.皆さんの丁寧な仕事ぶりと優しさに触れ,父の心も和み,今ではこの
新しい空間を一番喜んでいるようです.

香川さんにリフォームをしていただいたおかげで以前の「暗い」・「寒い」我が家は,「明るく暖かい」空間に
変身し
家族がリビングに集う時間が増え,会話の弾む家庭に様変わりしました.
この家に住み始めた私たち夫婦は,職場からの距離が遠くなり,毎日高速で通勤することになりましたが,
私たちが思い描いていたとおりの空間を創って頂いたお陰で,家に帰るのが楽しみとなりました.
完成から既に
1年半が過ぎましたが相変わらずインテリア雑誌を片手にお気に入りの家具や雑貨の配置を
考えており,私にとっては最高に幸せな毎日です.

香川さんご夫妻との出会いの中で,私たちは,素人である施主の想いを親身になって聴いてくれる業者
出会うことが
,家づくり成功の一歩である感じました.
本当に香川さんに依頼して良かったと感じています.これからもヨロシクネ.